最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり【料理研究家リュウジのバズレシピ】

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり【料理研究家リュウジのバズレシピ】

ニンジンを大量消費出来て、さらに保存も効き作り置きレシピで大人気の「ニンジンしりしり」がリュウジ流にアレンジされて最高峰の副菜としてついに登場しました。その名も『至高のニンジンしりしり』です!
そもそも「ニンジンしりしり」は沖縄地方の郷土料理らしく、スライサーなどで細かくおろしたニンジンと卵を炒めた料理だそうです。ちなみに「しりしり」は沖縄地方の方言で千切りという意味だそうです。

ツナ缶が入っているのでご飯のお供にもぴったりですね。

材料

油 小さじ1半
卵 1個
白だし 小さじ2
ごま油 小さじ2
ニンジン 1本(180g前後)
ツナ缶 1缶(油ごと炒める)
しょうゆ 小さじ1
酒 小さじ1
黒胡椒 適量
いりごま 適量

■卵の下味用
白だし 小さじ1/2
水 大さじ1

ニンジンをすり下ろす

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
皮を剥いたニンジンを千切りスライサーなどでおろしていきます。
千切りスライサーがあれば簡単になんですが、スライサーが無い場合は包丁で千切りにしていきましょう。

「千切り」と書いていますが、スライサーでおろしたニンジンを見るとけっこう大き目です。
なので包丁で切るなら、きんぴらゴボウに入っているニンジンくらいの大きさがいいかもしれませんね。

卵の下準備

後で混ぜ合わせる様の卵を先に準備をしておきます。

卵の下味

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
まず卵に白だし(小さじ1/2)と水を入れてよく混ぜ合わせておきます。
水を入れるとふっくら柔らかいスクランブルエッグになるそうです。

卵をスクランブルエッグにする

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
温めたフライパンに油を入れて、卵を流し入れ、素早くヘラなどでかき混ぜて、半熟状態のスクランブルエッグを作ります。
後で再度火を入れるので、半熟状態でも大丈夫です。
焼けたスクランブルエッグをお皿に取り出しておきます。

ニンジンを炒める

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
千切りにしたニンジンを、先ほど卵を焼いたフライパンに入れで炒めていきます。
軽く1分ほど中火で炒めたところにツナ缶をオイルごと入れて炒めます。
※ツナ缶のオイルはお好みで調整してください。

味付け

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
ニンジンがしんなりし火が通ったら、味付けをしていきます。
白だし(小さじ2)、しょうゆ、酒を入れて汁気が少し無くなるくらいまで火を入れていきます。

卵と混ぜ合わせる

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
そこに先に準備しておいたスクランブルエッグを入れて、全体的に混ぜ合わせていきます。
ここで黒胡椒も入れて、全体的に混ぜ合わせていきます。

完成

最高峰の副菜-至高のニンジンしりしり
「ニンジンしりしり」を器に盛り、上から「いりごま」を2つまみほど振りかけて完成です。

引用動画

料理・レシピカテゴリの最新記事